こんにゃく閻魔 浄土宗 常光山 源覚寺

TEL:03-3811-4482

源覚寺の紹介

こんにゃく閻魔の言い伝え

▲TOPへ

閻魔さまは、冥界にあって亡くなった人の生前の罪業を裁断する十王のうち、最も知られているひとりです。

源覚寺の閻魔さまの右目部分は割れて黄色く濁っています。

それにはこんな言い伝えがあります。

宝暦年代のころ(1751年〜1764年)、眼病を患った老婆が閻魔大王に21日間の祈願を行ったところ、夢の中に大王が現れ「願掛けの満願成就の暁には、私の両目の内、ひとつを貴方に差し上げよう」と言われたそうです。

満願の日に、老婆の目は治りました。

以来、大王の右目は盲目となりました。

老婆は感謝のしるしとして好物の「こんにゃく」を断ち、それを供えつづけたということです。

このことから、源覚寺の閻魔さまは「こんにゃく閻魔」と呼ばれるようになり、眼病治癒の閻魔さまとして人々の信仰を集めています。

こんにゃく閻魔の言い伝えビデオ

文学作品の中のこんにゃく閻魔

▲TOPへ

夏目漱石の「こころ」、樋口一葉の「にごりえ」にも「こんにゃく閻魔」は登場します。

【「十一月の寒い雨の降る日の事でした。私は外套を濡らして例の通り蒟蒻閻魔を抜けて細い坂道を上って宅へ帰りました。〜】

            <夏目漱石「こころ」より>

さらには、時代小説や落語の噺の中にも取り上げられています。

源覚寺の歴史

▲TOPへ

源覚寺は、380年余り前の寛永元年(1624年)、定誉随波上人により現在地に開創されました。

その間には、「明暦の大火(1657年)」、「お薬園火事(1762年)」、「戸崎町火事(1774年)」、

さらに「富坂火事(1884年)」と、4度もの大火にみまわれました。

幸いにも、ご本尊も閻魔さまもその都度、難を逃れることができました。あの太平洋戦争の

東京大空襲でも本堂への延焼はまぬがれました。

源覚寺門前一帯は「こんにゃくえんま門前」としてにぎわい、江戸時代から続く縁日には

近隣からの人々も押しかけ活気にあふれます。

汎太平洋の鐘

本堂・永代供養・ペット供養など

主な年中行事

▲TOPへ

1月

閻魔列大祭

5月

施飢餓法要

7月

閻魔列大祭

7月

ほおづき市

8月

平和祈念

12月

除夜の鐘の集い

小石川七福神

▲TOPへ

★ 小石川 七福神めぐり ★

 

小石川七福神は、平成7年に始まった比較的新しい七福神です。地下鉄丸の内線の茗荷谷駅と後楽園駅との間なので、ゆっくり歩いても2時間ぐらいのコースです。

案内図をいただいて歩くとわかりやすく、小石川七福神公認のスタンプを集めても楽しいでしょう

詳しくはこちらから▶

浄土宗 常光山 源覚寺(げんかくじ)

〒112-0002 東京都文京区小石川2-23-14

TEL:03-3811-4482

FAX:03-3818-1745

Copyright(C) Genkaku ji. All Rights Reserved