こんにゃく閻魔 浄土宗 常光山 源覚寺

TEL:03-3811-4482

閻魔様のお話

仏教では死後七週間は、まだ故人があの世とこの世の間をさまよっているとされています。

この四十九日間は「中陰(ちゅういん)」とも呼ばれています。

 

輪廻転生(りんねてんしょう)という考え方があり、命日から四十九日の間に、六道のどの世界へ生まれ変わるかについて生前の行いに対して閻魔大王をはじめとする十王から裁判を受け、決定されるのです。

 

残された家族は故人が極楽浄土に行けるように、このお裁きを受ける七日ごとに故人に

追善法要を営みます。

 

特に閻魔大王のお裁きを受けるという三十五日は、丁寧に法要を営むことが多いようです。

 

源覚寺ではお預かりするこんにゃく閻魔様と、そこに今でいう弁護士役の小野篁(おのたかむら)なる平安時代の人物が、命を落とした人間を裁こうとする閻魔大王に、その人間を弁護し、とりなしていたというお話からも法要に縁深いお寺となっております。

戻る

四十九日のお話

四十九日は、初七日から五戒について七日ごとに七回あった受けたお裁きにより来世の行き先が決まるもっとも重要な日で、「満中陰(まんちゅういん)」と呼ばれています。

 

成仏を願い極楽浄土に行けるように、家族や親族のほか、縁の深かった方々と四十九日法要を営みます。

 

そして、この日をもって、「忌明け(きあけ)」となるのです。

小石川墓陵には、その見守り役であった「薬師如来様」が祀られています。

戻る

浄土宗 常光山 源覚寺(げんかくじ)

〒112-0002 東京都文京区小石川2-23-14

TEL:03-3811-4482

FAX:03-3818-1745

Copyright(C) Genkaku ji. All Rights Reserved